ニキビに効くサプリランキング〔薬・化粧水よりサプリ!〕

ニキビサプリランキング!

 

ニキビに効くサプリならビタミン入りに決まり!

 

顔にできて目立つだけでなく、悪化すると跡が残ることもあり多くの方を悩ませるニキビ。ドラッグストアには多くのニキビ対策グッズが並んでいます。ニキビ対策には外用薬だけでなくサプリメントを組み合わせるとより効果的ですが、ニキビに確かな効果が得られるサプリメントをしっかり選ぶ必要があります。そして、そのためにお勧めなのはビタミン入りのサプリメントです。

 

ビタミンCに代表される多くのビタミンは元々肌に深い関わりがある栄養素ですが、特にニキビが発生中の肌には効果的に働きます。ニキビは毛穴の奥に皮脂が溜まって閉塞し、その皮脂に雑菌が繁殖して悪化します。この皮脂に雑菌が繁殖する原因となるのが、皮脂の酸化です。

 

皮膚上にいる雑菌は皮脂の酸化を促進させ、さらに酸化した皮膚は雑菌繁殖の温床となります。そして長時間皮脂が滞留することとなるニキビは、雑菌にとって天国とも言える環境なのです。そこに切り込むのがビタミンCなどの抗酸化物質です。

 

ビタミンA・C・Eはどれも高い抗酸化力を持っており、特にビタミンCは皮膚表面にももたらされるため、皮脂の酸化を抑制しニキビの悪化予防・改善に役立ちます。また、ビタミンB群・Cは肌組織の修復も行うため、治りも早くなり跡も残りにくくなります。

 

他にもニキビに有用な成分はありますが、効果が確実であり根本的な効き目を見込めるのが各種ビタミンです。特にビタミンCは重要ですので、ビタミンCが配合されているサプリメントを選びましょう。

 

ニキビに効く内服薬のデメリット

 

ニキビにはサプリメントがいいとお勧めしましたが、ではニキビ用の内服薬はどうなの?と疑問を持つ方もいるでしょう。医薬品ならなんとなく安心すると考える方が多いと思いますが、ニキビに関してはサプリメントと比べて内服薬は積極的にお勧めはしません。

 

基本的に、処方箋無しで購入できるニキビ用内服薬はほぼビタミン剤+消炎剤となっており、生薬や自然素材をふんだんに用いたリッチなサプリメントよりも効果が劣ることさえあります。医薬品はエビデンスがはっきりした成分しか基本的には配合できないためこうなっていますが、市販のニキビ用内服薬を飲むくらいならビタミンサプリメントで事足ります。

 

ニキビ治療で病院を訪れた際に処方される内服薬、これは種類にもよりますがあまり頼るべきではありません。病院ではおそらくニキビ対策として抗生物質が処方されることと思いますが、ニキビ用抗生物質の使用には2つの大きな問題があります。一つは耐性菌の発生。抗生物質に対する耐性を持つアクネ菌などが発生してしまうと、以降抗生物質は効かなくなってしまいます。

 

アクネ菌は正常な皮膚にも存在する皮膚常在菌ですので、抗生物質を飲んでいる期間に全滅させられるものではありません。そのため耐性菌の発生はやっかいな問題となります。もう一つは、他の種類の皮膚常在菌にも効いてしまうこと。皮膚上には肌の状態を整えたり病原菌を殺してくれる常在菌も存在します。これらもまとめて殺してしまうことは皮膚の防御機構を大きく低下させることにつながります。

 

したがって、市販の医薬品・病院で処方される医薬品いずれも基本的にはお勧めしません。サプリメントで根本的な対策が行えますので、腰を据えてサプリメントと共にニキビ対策に取り組むのがいいでしょう。

 

ニキビのときに化粧水は不要

 

ニキビが発生している肌は、いわば肌のバリア機構が崩れているような状態です。ならばと肌に何かしら補おうとする方が多いのですが、実はその多くは功を奏しません。特に化粧水には注意が必要です。

 

基礎化粧の最も基本となるのが化粧水ですが、ニキビ発生中は必ずしも肌にいい影響を与えません。ニキビの最大の問題は皮脂の中で雑菌が繁殖することであり、ニキビ内部に保湿がされすぎると雑菌繁殖の原因となることは想像に難くないでしょう。

 

また、化粧水といってもその成分は様々ですが、多くの市販化粧水には尿素などの刺激物質が含まれています。尿素は肌の最も表面の角質を浮かせて排出させる働きがあり、この働き自体も賛否両論ですが、肌表面が極端に弱まった状態であるニキビ患部へは特に大きな負担・悪化の原因となり得ます。

 

対ニキビ効果を謳う化粧水も数多くあり、それらは殺菌成分を配合することでニキビに効くとしています。しかし、殺菌作用というのは例外なく肌への刺激です。したがってニキビ患部以外に影響の出ない程度の殺菌作用ならばニキビに対してもさほど効果は無く、逆にニキビ患部に効果的なほどの殺菌作用があるならば他の肌の部位には大きな負担がかかるでしょう。そもそも、殺菌したいのであればニキビ患部にピンポイントで外用薬を用いた方がずっと効果的です。

 

ということで、ニキビのときは基本的に化粧水は不要です。とはいえ肌が乾燥する方は全く化粧水をしないのでは大変だと思いますので、ニキビ患部を避けてうまく化粧水を叩いてください。

 

ニキビと似た「マラセチア毛包炎」に注意!

 

ニキビはごくありふれた皮膚炎であるため、皮膚にピンポイントで炎症が発生すればそれは全てニキビだと考えてしまいがちです。しかし、ニキビとは全く別のメカニズムで発生する炎症もあり、対処法も異なりますので注意が必要です。特にニキビの原因菌であるアクネ菌とは別の、マラセチア菌によって発生するマラセチア毛包炎はニキビと誤解しがちなので十分に気をつけましょう。

 

マラセチア毛包炎の原因菌であるマラセチア菌は、ニキビのアクネ菌と同じく皮膚常在菌の一種ですが、細菌であるアクネ菌とは違い真菌(カビ)の仲間です。そして性質的に多湿の環境を好み、汗をかきっぱなしにしていたり湿度が極端に高い状態が続くと異常繁殖してマラセチア毛包炎を引き起こすことがあります。

 

ニキビの治療に抗生物質を使用するのはお勧めできないことは先にお伝えしましたが、マラセチア菌は真菌ですので、抗真菌剤で一網打尽にすることができます。もちろん病院で処方箋を出してもらう必要があるため、ニキビとの判別に迷ったら病院で見てもらうといいでしょう。

 

真菌は環境耐性が高く、外用薬やサプリメントで地道に治そうとしてもしぶとく生き残ってしまいなかなかうまくいかないものです。ニキビ対策をどんなにしても治らない、湿気や汗で極端に悪化するように感じられる、という場合はマラセチア毛包炎を疑って病院に行ってみることをお勧めします。また、予防には皮膚の清潔を保つこと、汗をかいたらこまめに拭くことなどが重要で、これはニキビ対策と同様です。

更新履歴